私はそもそも「好きな仕事」ってあるのだろうか?

本来なら今日は仕事始めの日。

ところが朝ゆっくりめに起き、こうしてブログを書けています。

 

「好き」を仕事にできる人は、

もしかしたら年始の憂鬱さが少ないかもしれないな。

そう思いつつ、ふと、

私のいったい好きな仕事ってなんだろう?と考え込んでしまいました。

 

私は今まで「好き」な仕事ではなく、

「得意」分野を仕事にしてきました。

他の人より正確に早くでき、重宝される分野です。

それが経理労務関係だったり、語学関係だったりしたわけですが、

私は「好き」でやっていたのではありません。

 

私のパートナーは「好きな仕事」が明確で、

その資格取得の為に日夜勉学に励んでいます。

「その仕事で働くことは全然苦痛じゃない」

と本人も言っていますが、本当に好きそう。

 

こんな明確に「好きな仕事」がわかる人、

私は正直とても羨ましく思うわけです。

 

私、もし人生をやり直せるとしても、

結局「好きな仕事」がわからずに悩む気がします。

 

こうして文章を書くこと、

車の運転をすること、料理、ピアノ等

好きなことはあるのですが、

それを仕事にするという発想がわいてこないのです。

仕事になった途端、苦しくなるイメージがついてきてしまう。

 

何かしらの企業に雇われる前提で考えてしまうと、

どんな仕事でも「好きな仕事」ってないような気がします。

 

でも「収入ありき」で考えるからわからなくなるんですよね。

直接収入にはつながらないけど、好きでやっている日々の活動。

それはあります。

例えば料理だったり、身内の送り迎えだったり。

全く苦痛なく楽しくできること。そして誰かの役に立っている。

これも十分「仕事」と言えるんじゃないかな?

働くとは「はたを楽にすること」だと聞いたことがあります。

それを基準に考えると、私は毎日働いているわけです。

 

どうしても今の世の中は「年収」で物を見がちだけれど、

それは物質社会だからお金が必要で仕方ないのだけれど、

でも「高年収」が素晴らしいという価値観はミスリードされている。

自分の好きな活動で誰かの役に立っているのならば、

それは十分「好きなことを仕事にしている」と言える気がします。

 

収入を度外視してそう考えることができるのも、

毎月の収入がなくても生活できる資産のおかげではあるのですが...

やはり「資産」が生んでくれる安心感は絶対的にある気がします。

だから私は「好きな活動」で「周りを幸せにする」ことだけ、

それだけに今は集中できている。

 

自閉スペクトラム症でなければ、

もっと社会活動がしたいとか、欲求もあるのかもしれませんが、

何せ人とのコミュニケーションが苦手ですので、

今の社会では「収入」を生み出すことはなかなか難しいです。

 

好きな仕事=好きな活動

 

そう考えていければ、もっと幸せを感じられるかな。

 

それではまた。